読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オハコのこんな事ばっか考えてる。

オハコと申します。オタク関連を中心に広く浅く何かと考えた事を書いていこうと思います。

「ガルパン4DX」観てきた!俺ホントに戦車に乗ってきたよ…!

ガルパン4DX」みてきたぞー!

うぉ〜パンツァーフォー!
 
 

 

ガルパンの4Dに期待してたもの、全部入り!

もうね、自分が「ガルパンの4DXが来る」と第一報を聞いた時から期待して、あのシーンはこういう風に体感できるだろうか?と想像していたものを、全て全力でぶつけてきてくれた!!サイコー!
 
いやね、まずはこの4DXの演出を設計した人を賞賛したい気分。すごい!ブラボー!いい仕事してますねー!
てなレベルで素晴らしい体感演出の数々でしたよ〜。
 
そんなわけで、以下は体感演出で特に印象的だったものを簡単に。
 
 

ケツに伝わる振動…俺は今戦車に乗っている!

f:id:asitanoyamasita:20160302124813j:image
 
まず「ガルパン4DX」はここから始まる…そう!おケツの振動!
 
劇中で走らせている、戦車のエンジンからのドドドド…という振動。
画面でもカメラが細かく上下する演出などあって、それだけでも映画の大画面なので臨場感けっこうあります。
 
さらに今回はそこに、4DXシートによるおケツ部分への振動が加わり臨場感倍増!
リアルの経験で言えばクルマや原付に乗った時とほぼ変わらないリアルな乗車感、あれが映画館のシートによって再現されています。
劇中の戦車がブゥゥン…!と唸りを上げると、同時におケツにもブブブ…!とエンジンの唸りが伝わってくる…まさに「オレ戦車いま戦車に乗っとるで!」って思えてマジ興奮です。
 
 
 

「砲弾が身をかすめる恐怖」を体感せよ!

f:id:asitanoyamasita:20160302124836j:image
 
ガルパンの中では、戦車同士の打ち合いで敵の砲弾が車体をかすめる場面が幾度も出てきます。
これ、普通にアニメで見ていたぶんには「お、ピンチだなー」程度の感慨にしかならないんですが…
 
これが一転4DXになると、まるでこの身に本当に弾がかすめたような感覚が味わえました!
そのワケは、シートの両側から首のあたりをプシュッ!と刺激する空気噴射のしかけの効果。
不意打ちで砲弾が飛んでくるようなシーンで、映像と同時に首筋をヒュン!とされたときはもう…
ガチでヒャッ!と声が出てしまいましたよ〜。
 
 
 

戦車が跳ねれば、シートも跳ねる!

f:id:asitanoyamasita:20160302124208j:image
 
 
市街地や丘陵地帯での戦いでは上の画像のように、チームの戦車が勢いよく段差を登って車体をグググ…ドタン!
てな感じに、車体がのけぞったり勢いよく地面に着地したりするシーンも多いですよね?
 
4DXだと、それに合わせてシートものけぞり…着地するときは前のめりになってドタン!と座席が揺れるのです。
その衝撃と臨場感たるや、思わず自分も隣の人も「うぉっと」と声を漏らすレベル。
 
アニメだけでは伝わり切れない、戦車の圧倒的な走破力!そして車体と地面っつー硬い物同士がぶつかり合う際の衝撃!
「戦車とかいうパワフルな乗り物」の凄み。それをここらへんで疑似体験しまくり出来ました…!
 
 
 

超カッコいい!弾ける火花のフラッシュにシビれろ!

f:id:asitanoyamasita:20160302124237j:image
 
あと回数は少ないですが、暗い劇場内でピカッとフラッシュが走るしかけを使った演出もあります。
あれがメッチャかっこよかった!
 
劇中で使われたのは、主に火花が印象的に見えるシーンですね。
とくにラスト、遊園地広場にて立ち回るまほの戦車が遊具のトンネルをくぐるシーン!
 
劇中では、まほが暗く狭いトンネルに入り込んだことで、戦車の履帯が壁にガリガリと当たって火花を散らしていきます。
それに合わせて、劇場全体がオレンジのフラッシュ光がババババッ
ガリガリガリガリッー!!とけたたましく響く劇中と金属音とあいまって…ああ〜もう痺れるっ!
 
ラストもラストの大立ち回り、そこでコレが来るから、もうここら辺で観客のボルテージも最高潮!ところだったでしょうかw
 
 
 

4DXならスターウォーズにも圧勝!4DXにガルパンにピッタリ

そんなこんなの、楽しすぎたガルパン4DXの体験・感想でした〜。
 
イオン四條畷が出来て、初めて観た4DXは「パシフィックリム」なのですが、
「これほど4DXのシステムに合う作品は無い!これぞ最初から最高の4DX映画だな!」
と思っていました。
過去にワイルドスピードスターウォーズの4DXも観たのですが、やはり「パシリム」を超える体感ではなかったし。
 
しかしこの「ガルパン4DX」によって、正直この
『不動のマイフェイバリット・4DX映画「パシフィックリム」』
という信念が早くも揺らいでいます!
ううむ、未だ俺の中でどっちを一番にするか迷う…!
それくらい「ガルパン4DX」も、4DXというシステムとの親和性の高さを感じさせる作品に仕上がっていました…
 
 
 

まだ「4DX童貞」なキミ!ガルパンで最高の初体験を!

これは勝手な想像なんですが、あんまり普段劇場で映画見ないよ、ましてや4DXとか今まで近くにないから縁がないよ。
っていう言う人がこのガルパン4DXをきっかけに初めて4DX体験した人多いんじゃないかなぁと。
(観に行ったときの他のお客さんの雰囲気から)
そうだとしたら「ガルパン」が4DX初体験の作品なんて、最高の4DX童貞卒業だと思うの。
 
幸い自分は、気軽に行ける距離に劇場が出来たので少し前から4DXの楽しさに目覚めたわけですが…
個人的にパシリム4DXを見て以降、これは映画史上、3Dメガネ上映なんかとは比べものにならない、映画の進化だ!ブレイクスルーだ!と思うほどハマってるのです。
 
なのでこのガルパンをきっかけに、これからどんどん自分のように4DXにハマる人が増えていけばいいなと!
ガルパンはいいぞ、ガルパン4DXはもっといいぞ!
 
 
ぶっちゃけまだまだチケット事前予約で完売!なんてなってますが…劇場でも上映延長とかなって、幅広くみんな観に行けるようになってホスィ!
とにかくそれくらいガルパン劇場版を楽しめた人は必見!
ぜったい観て、みんなでパンツァーフォー!しようぜ!