読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オハコのこんな事ばっか考えてる。

オハコと申します。オタク関連を中心に広く浅く何かと考えた事を書いていこうと思います。

映画「プリパラ(プリパリ)」観た!楽しかったけど不満な点もけっこうアリ…

アニメ 映画

今日は休みを利用して、映画館へ「プリパリ」「マッドマックス4DX」をハシゴしてきました。
同じカオスだが我ながら両極端なものを連続で観るもんだぜ…ヒャッハー!

 

pp-movie.com

 

つーわけで今日は劇場版「プリパラ」(プリパリ)みてきた!感想を。

 

 

 

CGライブパートは満足!それ以外は期待に届かなかった出来かも…

うーむ正直、期待に届いてなくて不満!と言わざるを得ない点があったかなぁと…

特に作画アニメパート!

 

プリパラの劇場作品としては「プリズムツアーズ」や「とびだすプリパラ」がありました。が、そちらはあくまで過去のプリリズシリーズを含めたライブ映像がメインの作品。

 

 

 

今回の「プリパリ」は「プリパラ初の単体劇場作品」ってことで、作画アニメパートも長尺でリッチに楽しませてくれるのでは!と大いに期待してたのですが…

 

序盤はとても良かったのですが、中盤以降から徐々に作画のクオリティが下がっていって、ところどころ目について仕方ないところもあったり。

個人的にはグロリア校長とゲストキャラのプロリア校長が姉妹喧嘩を始めるシーン!作画がヘチョいし、大スクリーンにおばさんキャラ二人の喧嘩だし、ゲスト声優のデヴィ夫人の拙い声演技が…ってんで、観ていて少し苦痛だった!w

 

まぁ作画難ありといっても、例えるなら「テレビ版だとこれくらいの作画はあるよね」くらいのレベルではあると思います。

なんだけど、やっぱそれを、劇場の大スクリーンにかけちゃうとさすがに粗が目立っちゃうよね…って感じ。劇場版サイズを想定した作画がされていないのでは?とか思っちゃいました。

ライブ含めても上映時間は一時間だし、そこはもっとクオリティあげて欲しかったです!


だってさ~…序盤の導入部、らぁらが初めて顔を映すシーン!作画クオリティ高いときで、らぁらがくっそ可愛かったの!そこで劇場版キター!って思っちゃたから余計にそう思っちゃうの!

 

 

 

CGライブパートは納得の出来!やっぱシオンとふわりかわいひ…

逆にCGライブパートは満足感高し!でした。

まず良かったのは、シオン・ドロシー・レオナの「ドレッシングパフェ」のバージョンで『ドリームパレード』が聴けた!

 

f:id:asitanoyamasita:20160317232722j:plain

 

特別な「プリパラポリス」コーデもスタイリッシュで、最近ライブで出番が少なかったシオンでしたが『やっぱCGのシオンめっちゃ可愛い!!』と再確認できました…!

大スクリーンで観るシオンにドロレオ尊い…。

 

 

そして劇場版分岐コース第一弾の「ふわりとあじみ」ライブも良かったです!

f:id:asitanoyamasita:20160317233001j:plain

(このふわりの演出を見てるとパラッパラッパー思い出すのは俺だけか)

 

ふわりもプリパラキャラのなかでお気に入りのキャラなんですが、シオン同様最近ライブなどの出番が少なく…それもあってこちらも大スクリーンでライブを楽しめたのはうれしい!

二人のコーデもピンクくてナチュラルな可愛さ全開。あじみ先生のハジけまくる合いの手もカオスすぎて楽しいw

 

 

そんで極み付けはラスト、ソラミ・ドレパ・ファルルガァルル・あろまげ・ふわりあじみ…というアイドル総出演の豪華なプリパリライブ。

今回はパリの夜の街並みをステージにして、とても開放的!

ふだんのライブはドーム状のステージで観客に囲まれて行われるので、その点でだいぶ印象が違う『スペシャル感』がありました。

横一列にたくさんのCGキャラクターが並んで、見渡せられるのも大スクリーンならではですね…

というワケでここが一番、この作品で「劇場版ならでは」という納得のクオリティで大満足でしたね~

 

 

アニメ版の「カオス」なギャグもたっぷり。でももっと欲しい!

プリパラのアニメで欠かせないのは女児アニメとは思えない「カオスな笑い」。

今回は世界各国を回るシナリオなので、例えるならスト2的なノリでアメリカやらエジプトやらを、おもいっきりネタにしていきます。

特にみかんがモーゼの十戒をやっちゃうシーンは『こんなん突然やって女児ついていけるのか…!?』と混乱と笑いが脳内に入り乱れましたw

 

ただ、各国に散らばったチームごとにギャグを展開したり、大騒動の原因に係るギャグも作画がそれに追いついてないこともありどうも行き当たりばったりな印象も。

欲を言えばせっかくの劇場版だし、もっと長い尺で積み重ねるような、濃厚な笑いを楽しみたかった!
そういう意味では、姉妹作品ともいえて同じ上映時間の「キンプリ」のほうが、より一本芯が通っていてギャグが濃く、加えて作画クオリティも良いのでそちらに軍配があがるな、と!

もちろんカワイイものを見たいならプリパラなので一概に比べてもしゃーないですが…降って湧いたような外伝的作品であるキンプリに、現行でメインのプリパラが負けちゃいられないでしょ!という意味も込めてここは辛口で。

 

 

 

つーわけで、「作画パート」「ライブパート」「シナリオ・ギャグ」の三つからプリパリを観た感想でした~。

全体的に厳しめですが、それでもアニメ「プリパラ」のなかで登場してきたゲストキャラたちも予想外に総出演してたり、ファンにはうれしい点も多々ある作品ではありました。

「そふぃ親衛隊の第三のコース」とかは特にアニメを一話から見続けてた自分には大いに気になるし…まぁここはとりあえず、ネットは評判よかったら観に行きたいですかね。

 

 

 プリリズファンなら、「キンプリ」もやはり見逃すな!