読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オハコのこんな事ばっか考えてる。

オハコと申します。オタク関連を中心に広く浅く何かと考えた事を書いていこうと思います。

ノンスタイル石田の凄まじい「お笑いへのストイックさ」。そして自分より相方・井上のが面白い、という葛藤【内村てらす】

Huluではお笑いバラエティ番組もけっこう配信されてるんですが、そのなかの「内村てらす」を暇なときよく再生しています。

http://www.ntv.co.jp/cms_data/65/pages/0/2078/2/26/0/main.png

 

毎回ゲストの人気のお笑いコンビを呼び、二週にわたってメインMCの内村光良がその人となりなどを聞いていくトーク番組。

内村ほか少人数の出演者によるテンポの良いトーク、それに加えてテレビでよく見かけるお笑い芸人の「実はこんな側面が」という部分を、この番組で知ることができたりな点がオススメです。

そんで、少し前に配信された「ノンスタイル」の回がかなり面白かった!

 

 

休憩時間も、ネタ執筆・後輩指導…ノンスタ石田の笑いへの熱意

特に面白かったのがノンスタイルゲストの第二回。

f:id:asitanoyamasita:20160424154915j:plain

番組の途中、話題は
「石田(ノンスタイルの白いほう)のお笑いに対する熱意、お笑いマニアっぷりがすごい!」そして
「それに比べて井上(ノンスタイルの気持ち悪がられてる方)はお笑いの仕事にテキトーな時あり!」
というハナシに。

 

それを検証すべくゲスト芸人の仕事ぶりに密着したVTRが回転。

f:id:asitanoyamasita:20160424152601p:plain

 

舞台を終えたノンスタイルのうち、石田の方は休憩時間のあいまにネタを執筆。お昼時でも昼飯をつまみながら、よしもとのお笑いスクールから送られてきたネタ原稿にアドバイスするなどの仕事も…

f:id:asitanoyamasita:20160424162308j:plain


いっぽう相方の井上は、相方・石田がそうやってお笑いの仕事に精を出しているにもかかわらず、悠々とランチタイム!w

「(石田に対し)シンドくないんかなあとか思います」なんて発言もあったり、おまえ相方が頑張ってんのになにやってんねん!」ってな感じでスタジオからも非難轟々!

f:id:asitanoyamasita:20160424152717p:plain

 

いやーVTRの構成のせいかもしれませんが、ここまで極端にお笑いに対して向かう姿勢が違うのは驚きましたw

 

 

お笑い好きだからこそ腹立つ、相方が持つ漫才の才能

そんで一番興味深いと思ったのが、VTR後半に石田が相方・井上について語るシーン。

f:id:asitanoyamasita:20160424152754p:plain

インタビューを受けたウーマンラッシュアワー村本によると「井上は深夜やネット番組などでは少し手を抜いている」、石田からは「TVのバラエティ番組にパワーをシフトしていて、舞台上の漫才に力が入っていない」、と井上は散々な評価。

しかしそのうえでこうも語ったり。

f:id:asitanoyamasita:20160424152653p:plain

f:id:asitanoyamasita:20160424152839p:plain

自分自身はマニアと呼ばれるほどお笑いにストイックに取り組んでいる、それでも「じっさいに舞台に立ったとき人を笑わす才能」は自分より井上のほうがある、といった感じの評価。

もちろん「ストイックな側(石田)が書いたネタ」があってこそ、「パフォーマンスが上手い側(井上)」がそれを活かせて客を笑わせられる、だからこそノンスタイルというコンビが成功して人気になっているわけですが…本人がこういった感覚を語っているのを見ると、「お笑いを書く才能・考える才能」と「それを舞台で披露する才能」っていう似て非なるモノなんだなぁと思わされました。

f:id:asitanoyamasita:20160424165103j:plain

これらの石田の発言の、微妙なトーンや表情…といったところから、人と人とで行う漫才のコンビという対人関係ならではの…劣等感?葛藤?そういう複雑なものが垣間見えて興味深かったです。

 

 

番組中でも取り上げられてた、井上の「むかつく」日めくりポスター!…うーん表紙だけですでにイラッとくるからすごい。