読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オハコのこんな事ばっか考えてる。

オハコと申します。オタク関連を中心に広く浅く何かと考えた事を書いていこうと思います。

映画「君の名は。」観た!親しみやすい"変化していくSFガジェット"の仕掛けとか、『伝わらない想い』フェチだなオレ…!とか

とうとう観に行きましたよー「君の名は。

www.kiminona.com

どうしよっかな~今さら話題作観に行くのもな~とか思いつつ映画館に行く機会がフッと湧いたので、ええいもうしゃあないこれも一種のオタクの義務だしっ?て感じで観た感想は…

 

あぁ~良いSFジュブナイル観れたわ~!(テノヒラクルー

そりゃあSFストーリー展開面白いわ、青春・恋愛あるわ、新海背景きれいだわ…とこれだけ揃ってるなら大ヒットするはずだよなと。
前半の田舎風景描写がちょっとタルいかなーとか、ネットでいわれてるような矛盾点たしかにあるな~とかはあるけど、入れ替わりが本格的に始まって以降のどんどん進んでいく物語にグイグイ引き込まれて…
もう自分としては久々に観たジュブナイルの傑作!といいたいところ。

というわけでネタバレありきな感想などを簡単に~。

 

 

SFが少しずつ高度になっていく脚本のフレンドリーさ

なんせ物語を動かすSFガジェットの面白さを理解しやすい仕掛けになっているのが良いですね。

https://myzakki.com/wp-content/uploads/2016/08/20160826_kiminonawa05.jpg

最初はいわゆる「性転換モノ」…『おれがあいつであいつがおれで』っていうアレでスタート。まずはココで二人の非日常の日常がおもしろおかしく描かれ、これでこの二人の行く末が気になって仕方なくなり…

 

f:id:asitanoyamasita:20160928155153j:plain

そして中盤、今まで性転換ラブコメだった物語は「タイムスリップモノ」ものっぽく変化し、SF要素が少し高度なものにスライドします。

 

http://battle-one.com/wp-content/uploads/2016/08/8f91c2765656a93adea2f6d71d8ae1c0-300x171.png

そして最後は『大災害を食い止め愛する人を救えるのか…!?』という使命を背負うセカイ系っぽい感じにさらに高度に…。

と、こういう感じで"SFガジェットを親しみやすいものから徐々に高度なものへとスライドさせる"展開が絶妙にわかりやすい!&面白い!
いろんなジャンルでドラマが進んでいくのがバラエティ豊富で飽きないし、その変化のさせかたも実に自然で伏線等もきれいに回収されてたり…
これによって「君の名は。」は、ふだんファンタジーやSFに関心のない層でも『SFなドラマの楽しさ…センスオブワンダー』を届ける上手い作りになってるな~と感心しきりでした。
なんせハードSFとか読まないオレが言うんだからそのフレンドリーさは間違いない(ぇ

また、セカイ系の面白さでありつつ『町ひとつと恋人を救う』程度のスケールにとどめている丁度よさも良いですね。それこそ「ほしのこえ」みたく、異星人と戦う恋人の…まで行っちゃうとSFに関心のない層はその時点でドン引きだろしな~。

劇中では湖に飲まれてしまった町の光景…つまりは東日本大震災を思い起こさせる光景…ひいては『自分たちに身近なスケールの光景』を思い起こさせ、あの光景から人々を救ってくれ、三葉を助けてくれ瀧くん!…って感じで、いっそう物語に引き込まれました。
親切なSF展開と、身近に感じる物語。そう思うと改めて、これはリア充層も巻き込んで売れるべくして売れたいいジュブナイルだな~と思うわけです。

 

『届かない想い』な悲劇フェチのオレを揺さぶるあのシーン

http://buzzgang.jp/wp-content/uploads/2016/09/218.png

一番グッときたシーンは、三葉が瀧に偶然会えた3年前の東京のシーンですね。『瀧くん…覚えてる?』『…だれ?お前』のあのシーン!ヤバいっす。ヤバかったッス。
なぜラストとかでもなくそこ?というと、どうやら自分は『届かない片想いにさいなまれる女の子の悲劇』フェチなようで…。

まどかマギカ」で魔女と化したさやかのために逝った杏子然り、「千年女優」でいずこと知れぬ"鍵の君"をどこまでも想い続けて走る千代子さん*1然り…

http://livedoor.blogimg.jp/uzazo/imgs/d/a/dab810c7.jpg


ああいう『届かない想いに苛まれ、悩みもがき、それでも相手を想い続ける純情な姿』…みたいな悲劇的展開にめっぽう弱いみたいなのですオレ。

君の名は。」のあのシーンだって映画館で観ていて、

『三葉はこんなにも想っているのに!瀧くんだってちょっとしたズレでその想いに応えられるのに!それでも想いは届かないの?あぁなんて意地悪なSFガジェットの悪行!誰?、とか言わないでくれよ瀧!三葉は…三葉はこんなにもお前のことを…!ウォォン…』

 と、涙腺刺激されっぱなしでした…。

…いやね、正直自分でもある意味下品でイヤらしい嗜好だなーとか思うわけです。女の子が苦しむ姿がそんなに好きかよ?そうやって少女を悲劇で消費してご満悦かよ?と。
そう自覚はしてても、作品タイトルとつながるあのラストの場面より、やはり3年前の電車のシーンが一番心揺さぶられた自分がいる。

『いっそ三葉は助かったけど瀧は全く記憶がなく、助かったからこそ想いを伝えられない悲しみを抱いたまま終わる…そんなバッドエンドでもいい。そうなると俺はもっと感動したかも』

なーんてことも考えたりさ…。
…いやンなわけねぇだろ!俺のバカ!なに言ってんだ!…とか、そんなことを頭の中でグルグルグルグル考え出して止まらない。のでここらへんで感想おわりッ!!

 

 

f:id:asitanoyamasita:20160928160138p:plain

余談ですがまどマギまどかでおなじみの悠木碧さんも出演してて、サブキャラですが良い活躍してましたね!
平凡な女子高生役に見事にトーンを合わせてて、終盤の大見せ場では「僕だけがいない街」でも見せた『自然体の抑えた演技』がすばらしく物語に貢献してました!

 

 

文中でも言及した「千年女優」。そういえばこれもSF的要素が活きた恋愛モノですな…ちなみに俺の初泣きアニメです。

*1:コレはラストに口あんぐりのどんでん返しがあったんですが…