オハコのこんな事ばっか考えてる。

オハコと申します。オタク関連を中心に広く浅く何かと考えた事を書いていこうと思います。

若き天才の活躍を楽しみつつ、戦艦大和の正体に迫る一作!映画「アルキメデスの大戦」感想

映画「アルキメデスの大戦」観てきました〜。

www.youtube.com

 

あの監督…!?と思いきや大満足!

劇場の予告で初めてこの「アルキメデス」を見たときから、『戦艦大和のCG迫力あるし…数学と軍人という組み合わせ?へぇ、面白そう』てな感じだったんですよね~。

なので、後に"あの"山崎貴監督の作品だと知ったときはちょっと意外でしたw

どうしても山崎貴作品と言うと、「スタンドバイミードラえもん」とか、最近の「ドラクエ・ユアストーリーズ」とか…何かと駄目なほうの評判ばかり。

うーむ大丈夫なんかなーーっ!?と思いつつも、Webの感想や「アトロク」での映画批評などでも評価は軒並み良かったので、これは予告編で感じた面白さの直感を信じて、見に行ってみよう!とw

 

見終わった感想は…いやー面白かったです!

「太平洋戦争」や「数学」といったキーワードから、なにか小難しく重苦しい雰囲気の映画なんかな~と予想してたのが早とちりでした。

むしろ主演の菅田将暉くんの爽やかかつ奇天烈なキャラクターの演技で、テンポよく楽しく観れるし、ストーリーが探偵モノ風になったり裁判モノになったり…と展開に変化があって飽きがこず、 そして最後はきっちりと、大日本帝国というかつての歴史を見つめ直したメッセージを提示して完結…

と、 エンタメしつつテーマもきっちり描ききった満足度の高い作品でした!

 

さらに感想書きたいんですが、この作品、終盤に大逆転な展開が何度か発生するつくりなので、そういう点も含めて以下はネタバレありでの感想です~。

 

 

 

 

続きを読む