読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オハコのこんな事ばっか考えてる。

オハコと申します。オタク関連を中心に広く浅く何かと考えた事を書いていこうと思います。

タンタンのビッグなポスター&IKEAのポスターフレーム購入!早速飾ってみた

マンガ グッズ

かなり久々の更新になってしまいましたーっ!

どうにも冬となると、コタツの中にうずくまってそのまま何のやる気も起きない…みたいな状態が続いていけませんな…
はよ春来い。

 

ところで最近まだタンタンショップ京都にあるタンタンショップに行ってきました

http://www.tintin.co.jp/shop/img/kyotokanban.jpg

今回はビッグサイズの表紙ポスターを3000円ほどで買いました。

「なぞのユニコーン号」の表紙イラストで、店頭で見た時にもそのサイズ(50cm×70cm)の存在感に惹かれて思わず購入。

 

ec.tintin.sc

 

 

こんなイイもの、フレームで飾らにゃソンソン

http://i.gzn.jp/img/2015/09/17/salmon-festival-ikea/P1110991.jpg

で、買ったはいいものの、そのままハダカの状態で部屋に飾ったら、すぐに汚れたりキズ折れ目だらけにしてしまいそうでなんだかなぁ…と。
サイズがサイズなのでヘタに扱うとすぐ何かにぶつけちゃったりしそうだし。

つーワケで、コレはちゃんとフレームに収めて飾らねば!と決心。

で、いつもはこういう時100円ショップの簡単な額縁を買ってきて飾るンですが…
今回はサイズがサイズ。これだけの大きさのポスターを入れる額縁は100円ショップには流石になし。

 

どうしたものか…と思った矢先、今度は大阪のIKEAに行く機会があったのでそこで見繕うことに。

買ってきたのが、この大型サイズのフレーム。…えぇーっとこれは何と読むんだ…ストロンビー?ってやつ。購入価格は2500円ほど。

f:id:asitanoyamasita:20170315113108j:plain

この他にも違う種類のフレームが売られていて、素材や色合いなどが違っていたのですが、今回はスチールっぽい質感なコレをチョイス。

モノトーンだし幅の小さいスリムなワクがモダンでよい感じ…。あと安いし(ぉぃ 。

 

 

大型フレームの存在感!

早速タンタンのポスターを慎重に入れて飾った結果がこちら。

f:id:asitanoyamasita:20170315103032p:plain

背景の部屋の壁はみすぼらしいのでモザイク処理

バランスのとれた上下左右の余白作りに少し手間取りましたが、なんとかいい感じに飾れました~。
パシャる際に、オレンジ色のライトを当てて美術館ぽいセンスの良さを演出したのはヒミツだ!

 

 

f:id:asitanoyamasita:20170315103023p:plain

写真だと伝わりづらいですが、フレームとポスターの大きさにより、我が(狭い)部屋の中でかなり存在感を放っていてめっちゃイイ感じ。

同じポスターでも、やっぱハダカのままよりも額に収めたほうが、キリッと映えますね…! 

コレを飾り始めて以降、部屋を出入りするとき、そして朝に布団から目覚めたとき…このポスター&フレームが目に入ったその都度
「ふぅ、俺ってばホントいいセンスしてるぜ…」
と悦に浸るのが日課になっておりますw

 

 

こうなると今度は「他にも大きくてイイ感じのポスター見つけて飾りたいゾ」とか思い始めてヤバイヤバイ。

 



 

映画「ラ・ラ・ランド」観てきた!夢見る若者の、夢のようなひとときと…

映画 音楽

映画「ラ・ラ・ランド」観てきました!

 

ミュージカル映画というと、自分は「雨に唄えば」と2012年版「レ・ミゼラブル」、あとは2004年「オペラ座の怪人」ぐらいしか見てないのですが、『雨に唄えば』はけっこうハマったし、最新の映像で華やかに歌い踊るミュージカル、それがしかも娯楽性が強いながらも本年アカデミー賞の大本命

なんて聞いたら、やっぱり劇場のスクリーンと音響で見とかなきゃな!と思った次第。

 

つーわけで感想をババ~っと垂れ流していきますが、下に行くにつれネタバレなので一応注意を~。

 


「最新トレンド」のおしゃれな映像美に酔いしれる

やっぱ劇場まで足を運ばされた最大の要因は、予告でも流れてたこのOPのインパクトですな。

 

http://artconsultant.yokohama/wp-content/uploads/2017/02/la-la-land2-2.jpg

ここに限らず、全編を通して強めに原色を配置した、カラフルでコントラストの効いた映像センスが光っています。

例えるならインスタグラムの画像加工でよく流行っているあの感じ。なんだかそんな「イマドキ」センスにたっぷり浸れて、クソダサキモオタの自分も脳内オシャレ度が一回りアップした気分ですw

 

 

「華やかでハッピーな映画!」…なだけじゃない!?

http://top.tsite.jp/static/top/sys/contents_image/034/424/580/34424580_84490.jpg

予告見た限りでは、最終的には王道のストーリーなんだろう、と印象を受けてそのまま観に行ったワケなんですが…ところがどっこい良い意味で裏切られた

上に書いた素晴らしい映像センスやロマンチックなストーリーの『甘み』を堪能していたぶん、終盤の味わい深い『苦み』の効きっぷりにクゥ~っと悶絶です。

なんたって映画が始まってあのオープニングをですよ!?夢追う若者が全力で突っ走って、そのままラストもハッピーエンドで終わると思うじゃないですか!
それをあんなコレみよがしな「重ね方」でやってくれちゃってさぁ…

とはいえ、甘いスイーツってのは、コーヒーの苦みがあってより美味しさが引き立つのも自明の理。巧みな演出があいまって、この作品が仕掛けた飴と鞭に心揺さぶられました…!

 

 

若者が夢を叶えたとき、夢のような時間は終わり…

映像美やミュージカルシーンも素晴らしいんですが、やっぱ語り草は紆余曲折あってのラストですかね…。(そもそもあの映像美はまず見てナンボ!)

とても寓話的というか、見る人によってこの二人のストーリーへの感想が違ってくるんじゃないかなぁと。その人の性別、年齢、才能能力、人生経験、etc…人それぞれに見いだす答えが浮かんできそう。

例えば「なんだよ、もっとやれる事があるんじゃないの」と納得いかなかったり、反対に「あの笑顔があったのだからお互いいいじゃない」と受け入れてみたり。


少し話はそれて、いまドラマ化に影響されて東村アキコ東京タラレバ娘をちびちび読んでいるのですが…

 

 

図らずも「ラ・ラ・ランド」のストーリーと、このマンガとで通じるものがありましたね…。
TVで「タラレバ」の単語を取り上げてるの時々目にしていたこの時期に、はからずもこの映画が公開されたのは、なんだか不思議なシンクロを感じますw

夢を叶えて社会的成功もおさめても、全てが手に入るわけじゃない。
あの頃の、あのひととき…華やかな歌と踊りと色彩に彩られた、まさに夢のようなひととき…それはとうに過ぎて、時間を戻すことはできない。あの時ああしていタラ…?こうしていレバ…?

そうやって得たものと同時に、失ったアレコレも確信せざるを得ないラストの瞬間、見ているこっちも打ちひしがれました…。

でも考えてみれば、若者はともに「夢を叶える」ことで「夢を与える」大人になったワケで…それが救いのようであり、皮肉のようでもあり、面白いです。

 

 

vimeo.com

コチラは、作中で使われている名作ミュージカル映画へのオマージュシーンを比較した動画。
この中だと「雨に唄えば」と「理由なき反抗」は見たことがあって、劇場で見ていてもネタに気付きましたね~。

とくに劇中で大きく扱われる「 理由なき反抗」は、若者のナイーブな感情を描いた作品だし、やはりこの作品の大きなテーマは「若さ」なのかなと。

メインテーマでも歌われる「スターの街」はオマージュからも表れていて、そんなきらびやかな夢を抱く若者たちが辿る人生を垣間見れた作品でした。

 

 

 

www.youtube.com

ラ・ラ・ランドのサントラにあるこの「Start a fire」という曲。
劇中ではあまり良い扱いを受けてない一曲なんですが、自分はコレが劇中で一番ヒットした曲ですw

オトカドール経過ほーこく。新弾ライバルカードとかマイキャラ変更とか

ゲーム

プリパラに続いてオトカドール報告も〜。

 

前回のプレイではライバルカードがゲーセンの都合で出せないという悲劇が襲いましたが、今回は無事排出できました!とりあえず集まったカード紹介をば。

にしても今まではプリンセスレアがけっこう出てくれたんですが、今回の弾はかなり出てくれません…キラキラしたライバルカードほすぃよう。

 

f:id:asitanoyamasita:20170227165055j:image

一番お気に入りのカジノディーラー風ラクリアさんゲット出来て、まずは一安心。
カゲあいちゃんも手に入れたので、今度はこちらがカゲあいちゃんを動かして、CPUのあいちゃんと光と闇の戦いを演じてみたいところ。

 

 

f:id:asitanoyamasita:20170227165104j:image

ミカ子様とオートマタ・エスのカードもゲッツ。

特にミカ子様のメッチャ上から目線ボイスはクセになる響きでたまりませぬ!
ノーマルレアですがパラメータはじゅうぶん強いので、アメ姐さん・ヨミきゅん戦で重宝してます。

 

  

f:id:asitanoyamasita:20170227165119j:image 

お気に入り新キャラ、ヨミきゅんのライバルカードもゲッツー!レアじゃないけど!
こちらもふつくしい…&めちゃ強!でありがてぇ限り。あの魅惑のウィンクがいつでも楽しめますぞ!

あとは唯一、アメ姐さんだけ新弾キャラの中で取り逃がしてます…やはり今回のラスボスってことでなかなか排出されないのかな?ぬう…

 

 

 気を取り直して、ここからはマイキャラで作ったコーデ〜

f:id:asitanoyamasita:20170227165135j:image

まずはマイキャラの銀髪あいちゃんで、今回揃ったアメ姐さんの和服コーデで決めてみた図。

なんか左にブランドマークみたいなの出てる!今までこんなんあったっけ…?(無知)
せっかくバッチリ和服が揃ったので、ヨミきゅんとのツーショットも作ってみたりもw
まさにこれぞ「凜としてはんなりのこころ」…(by凜として咲く花の如く)

 

 

そしてそして!

またもやマイキャラちゃんを思い切って変更してみました!

次のドールは…サニーちゃん!君だ!

f:id:asitanoyamasita:20170227165157j:image

さっそくヘアカラーチェンジで、迷った結果「やっぱ基本はピンクよね」の精神で決定。

ピンクでショートでツインテ、って言ったらやっぱ自分としては「まどマギ」まどかなので、早速あいちゃんの基本コーデをベースに着せてみた図。
アクセサリーにリボンをつけると、ちゃんと2つツインテに装着してくれてキュートさ更に倍!

やっぱり…あなたの方が似合うわね(ほむほむ)。

左のほうはキャンディッドさんのアラビアンなコーデ。
ヘソ出しなんですが、それがセクシーって言うよりあどけない可愛いさになってて…これはこれで萌えっ!
でもさすがに口元のベールはちと似合いませんかなw

手持ちにピンクカラーで揃えたコーデが少ないので、過去のステージのライバルとまた戦ってコーデ集めないと!

 

つーわけで、そんな今回のオトカ報告でした〜。

サニーちゃんでいよいよマイキャラで選んだドールはコンプリート
他のドールより、ひときわポップでロリロリなイメージなので、手持ちのどんなコーデが似合ったりするのか模索の必要アリですね~。

プリパラと同じく、こちらもセンスが試される楽しく悩ましいプレイになりそうです!

 

新しいサントラCD発売予定とな!?

 

 

 前回のオトカ報告はこちら↓

asitanoyamasita.hateblo.jp