読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オハコのこんな事ばっか考えてる。

オハコと申します。オタク関連を中心に広く浅く何かと考えた事を書いていこうと思います。

いつになくハジケまくりなプリキュア?!「魔法つかいプリキュア」

f:id:asitanoyamasita:20160211223854p:image
 
キュアップラパパ!(迫真
 
 

キャッチーな「まほうのじゅもん」に即ハマり

今週から始まった「魔法つかいプリキュア」、みました。
 
キュアップラパパ!…
…キュアップラパパ…良いよね…響きがいいよね。
 
まだキャラクターイラストも発表されてない頃、新作プリキュアの予告がウェブで流れた時に公式サイトに書いてあった
「合言葉は、キュアップラパパ!」
みたいなキャッチフレーズの一言だけでなんだかめっちゃツボったのですよ!
 
「キュアップ」でクッと力を込め、『ラパパ!』の破裂音で一気にパワーが飛び散る!
とでも表現したらよいのやら。
とにかく、これはかなりキャッチーな神フリーズなのでは!?
なんかもうとにかくツボなんですワタシ。
 
これまでのプリキュアシリーズにも、『プリキュア、ドレスアップ!』など変身前だったりシメの必殺技だったりに独自の「掛け声」がありましたが…
今回の「キュアップラパパ!」はこれまでより、いつになく声に出してマネしてみたくなる魅力アリ!
そういえば予告CMでも積極的にキュアップラパパ!を推してるような気も。
実はかなり考え込まれて生み出された、渾身のフレーズだったりしそうですね。
 
 

OPソングはシリーズ断トツ?でハジケまくり

もう一つ印象的で驚いたのが、OPソングの歌詞や曲調ぜんぶのハジケっぷり。
コミカルな歌い出しからはじまって、『魔法ってホントにあるらしいよ!?ヒャッホウ!』みたいなテンション高めな歌詞が楽しすぎ。
例えるなら、初代プリキュアのぶっちゃけありえない!?な精神と、おジャ魔女どれみのあのテンションのハイブリットという印象ですかのう。
f:id:asitanoyamasita:20160211221917p:image
 
前回のゴープリでは「夢に向かって頑張ろう!」という誠実な応援メッセージな雰囲気でしたが、今回は不思議な魔法と出会いをとにかく楽しもう!的な雰囲気で、いい意味で対照的だと思います。
 
 

なんだこの蠱惑的な目線は…たまげたなぁ…

f:id:asitanoyamasita:20160211224705g:image
余談だけどエンディングダンスのこのワンカット、なんかイヤらしすぎませんかね…?
手といい目線といい!スタッフ絶対わかってやってる!(言いがかり
どちらかと言えば結構エムな私としましてはこの2人の大人っぽい余裕たっぷりの流し目はかなりくるもの有り…ッッ!
 
 
第1話ラストは、魔法の世界につながるステーション?から列車に乗って魔法学校に行く…
というなにやらハリーポッターの9と3/4番線オマージュっぽい終わり方でしたね〜。
個人的にはOPで感じたような『楽しい』要素おおめな作品になってほしいなーと思いました。